スキンケアお悩みQ&A

Q.
乾燥・保湿季節の変わり目は目元がカサつき、困っています。お風呂ではタオルパック、入浴後のスキンケアは、化粧水をたっぷりコットンでパッティングし美容液をつけていますが、なかなかカサつきが治りません。(年齢非公開 乾燥肌)
A.
乾燥対策のスキンケアは皮脂膜を補う油分の入ったクリームが必須です。

肌の表面には皮脂膜が存在します。肌の表面からは常に一定量の水分が空気中に蒸発しています。この蒸発をコントロールするのが皮脂膜です。
ところが、乾燥肌の方はこの皮脂膜が少なく肌の水分が沢山蒸発してしまうのです。
皮脂膜は、過剰な洗顔や摩擦などによってもたらされる事が多いので、たっぷりの泡で包み込むように優しく洗いましょう。
また、極度の高温・低温での洗顔も水分が蒸発してしまうので厳禁です。水または人肌くらいのぬるま湯で洗いましょう。

そして、スキンケア(化粧水や美容液でのお手入れ)の最後に、保湿力の高い油分を含んだクリームや乳液でフタをします。
油分が皮脂膜の役割を果たし、水分の蒸発を防いでくれます。