スキンケアお悩みQ&A

Q.
毛穴・ニキビニキビの最大の原因は何ですか?(20~24歳 混合肌)
A.
ニキビの最大の原因はストレスや体質による皮脂の過剰分泌を背景とした活性酸素病です。

最近、ニキビに悩む大人の女性が増えています。
10代のニキビは、額、鼻など、主に皮脂の分泌量が多いTゾーンにできやすいのですが、大人のニキビは、あごや頬、口の周りなどのUゾーンにできやすいのが特徴です。

ニキビは、ストレスやホルモンのアンバランスなどによる負の連鎖によって引き起こされます。
ストレスを感じると副腎皮質ホルモンという、ストレスをやっつけるホルモンが分泌されます。副腎皮質ホルモンは、皮脂分泌の促進作用を持っています。
さらに、ストレスは黄体ホルモンの分泌も促進します。このホルモンは生理前になると活発化するホルモンで、男性ホルモン作用を持っています。男性ホルモンもまた、皮脂分泌を盛んにする作用があります。
ホルモンによって促進された皮脂は、粘質が高く詰まりやすい性質を持っています。
ホルモンバランスが乱れるとターンオーバーのサイクルも乱れ、角質が厚くなる角質肥厚という現象が起こります。
皮脂の分泌が増加すると、余分な皮脂を毛穴から出そうとしますが、角質が厚くなり毛穴がふさがれると皮脂は毛穴に詰まってしまいます。

皮脂の詰まりを改善する為に皮脂を分解する酵素(リパーゼ)が分泌され、皮脂の詰まりは改善されますが、リパーゼは本来悪い細菌をやっつける細胞である好中球という細胞を皮膚に集めて活性化させてしまうのです。好中球が活性化されると、炎症を起こす活性酸素が大量に皮膚に生じ、ニキビとなってしまうのです。

ニキビを治すには、皮脂の分泌をおさえ活性酸素を消去することがポイントです。